auto ... auto positioner sync the toolpath and part from mastercam auto positioner page 1 auto...

Download Auto ... AUTO POSITIONER SYNC THE TOOLPATH AND PART FROM MASTERCAM AUTO POSITIONER Page 1 Auto Positioner

Post on 03-Mar-2020

14 views

Category:

Documents

0 download

Embed Size (px)

TRANSCRIPT

  • AUTO POSITIONER OCTOPUZ

    AUTO POSITIONER

    日本語版

    REV.4.19.2018

  • SYNC THE TOOLPATH AND PART FROM MASTERCAM AUTO POSITIONER

    AUTO POSITIONER Page 1

    Auto Positioner

    Auto Positioner 機能は、外部の軸ポジショナーを使用して作業用ロボット操作を構築するための、非

    常に優れたソリューションです。これを使うと、ワークポジショナーを必要に応じて動かすことによって、

    プログラム全体にわたってロボット位置をセットすることができます。新たな加工の可能性を作り出し、

    またジョイントエラー、リミットエラーの回避に役立つものとなっています。ロボットとワーク間を接続し

    て、さらに効率的かつ簡単に操作できます。

    このチュートリアルでは、単軸ロータリーポジショナー を利用したプラズマ切断操作のセットアップを学

    習していきます。必要に応じて、主軸台/芯押し台を使って円筒型のワークを回転します。5軸ツールパ

    スを OCTOPUZ にエクスポートするために、Mastercam を利用します。ジョイントリミットエラーの問題

    と、それを修正する手順を概説していきます。

  • SYNC THE TOOLPATH AND PART FROM MASTERCAM AUTO POSITIONER

    AUTO POSITIONER Page 2

    STEP1: Mastercamからのツールパスとパーツを同期する

    Mastercamでパーツとツールパスの作成が完了したところから、このチュートリアルを開始します。

    OCTOPUZにパーツとツールパスをインポートする前に、ツールパスが正しいものかどうかをチェッ

    クしておく事をお勧めします。完了したら、OCTOPUZとツールパスを同期することにします。

    1.1 OCTOPUZにパスとパーツを同期する

     Mastercam で、AutoPositionerPart.mcam を開いてください。

     ツールパスが選択状態になっている事を確認し、バックプロット操作をクリックします。

     再生 ボタンをクリックし、ツールパスが正確であるかを確認します。

     OKをクリックして、バックプロット ダイアログボックスを閉じます。

  • SYNC THE TOOLPATH AND PART FROM MASTERCAM AUTO POSITIONER

    AUTO POSITIONER Page 3

    ・ ツールパス確認後、Sync With Octopuz ボタンを選択してください。

    NOTE:このボタンはMastercam設定で、異なる場所に配置されている可能性があります。Mastercam と

    OCTOPUZ.を組み合わせる処理についての詳細情報は、Mastercamチュートリアルをご覧ください。

     新しいウィンドウが表示されます。矢印ボタンで展開し、ツールパスが Side heavy に設定され

    ている事を確認してください。操作ではパーツの側面からすべて加工するからです。

    NOTE:Top Heavy は、アプリケーションではパーツの上面を作業するところで、主に使用されます。

     OCTOPUZ sync ボタンをクリックします。

     OCTOPUZ を開きます。

    NOTE:この時点で、Mastercamは閉じることができます。同期ファイルは、他のファイルがMastercamから

    同期されるまではアクティブな状態になっています。

  • SETTING UP THE WORK AREA AUTO POSITIONER

    AUTO POSITIONER Page 4

    STEP2: 作業領域を設定する

    このステップでは、セル レイアウトを修正してコンポーネントを配置するための基礎部分に修正を行っ

    ていきます。

     ファイル タブを選択します。

     オプション-ディスプレイ を選んでください。

     下図のように設定してください。

     右下の OK を選択し、終了します。

  • SET UP THE ROBOT CELL

    AUTO POSITIONER

    AUTO POSITIONER Page 5

     セル レイアウトは、次のような表示となります。

    STEP3: ロボットセルのセットアップ

    このチュートリアルでは、Mastercamツールパスをインポートする前にロボットセルのセットアップが必要

    となります。

    3.1 必要なコンポーネントのドラッグ&ドロップ

     ファンクションツールバーメニュー上で、ホーム をクリックします。

     全てのモデル を選択し、カタログ選択ができるものを全て可視状態にします。

  • SET UP THE ROBOT CELL

    AUTO POSITIONER

    AUTO POSITIONER Page 6

     検索欄に “OctopuzArm” を入力してください。

     コンポーネントを選択し、セルレイアウト内にドラッグしてください。

     次の表にある必要なコンポーネントそれぞれに、この手順を繰り返してください。

    インポートが必要なコンポーネント

    パーツ名 個数 画像

    OCTOPUZArm 1

    ParametricPedestal 1

    PlasmaCutter45 1

    Positioner 1

  • SET UP THE ROBOT CELL

    AUTO POSITIONER

    AUTO POSITIONER Page 7

     セルはだいたい次のような表示となっています。

    NOTE:ファンクションツールバーメニュー上の 移動 ボタンを使用すると、コンポーネントはセルの

    色々なところに動かすことができるようになります。

  • SET UP THE ROBOT CELL

    AUTO POSITIONER

    AUTO POSITIONER Page 8

    3.2 コンポーネントの接続とセルの作成

     Plasma Cutter を選択します。

     ファンクションツールバー メニューで、PnP をクリックします。

     Plasma Cutter を OCTOPUZArm 終端 に向かってドラッグしますが、両者が近づいてスナップ

    するまで行ってください。

  • SET UP THE ROBOT CELL

    AUTO POSITIONER

    AUTO POSITIONER Page 9

     Plasma Cutter は OCTOPUZArm に上下逆にスナップします。画面の上部にある移動アイコ

    ンを選択してください。

     X軸回転で180°回転させ、ツールを回転してください。

     画面右側にあるコンポーネントプロパティにて、Rxが90になればツールは下図のように表示され

    ます。

  • SET UP THE ROBOT CELL

    AUTO POSITIONER

    AUTO POSITIONER Page 10

     画面上部にある 選択 アイコンをクリックします。

     OCTOPUZArm を選択してください。

     ファンクションツールバー メニューで、PnP をクリックします。

     OCTOPUZArm を Parametric Pedestal に向かってドラッグしますが、両者が近づいてスナップ

    するまで行ってください。

  • IMPORT/POSITION THE MASTERCAM TOOLPATH/GEOMETRY AUTO POSITIONER

    AUTO POSITIONER Page 11

     Parametric Pedestal を選択後、ファンクションツールバー メニューで、移動 をクリックします。

     画面右側の コンポーネントプロパティ にて X, Y, Z 座標をすべて 0 に変更してください。

    NOTE:これらのアイコンのいずれかをクリックすると、その値がゼロにリセットされます。

     移動 コマンドのまま、ポジショナーを選択してください (Positioner)。

     座標値を X = 1250. Y = 500. Z = 0. RX = 0. RY = 0. RZ = 90. に変更し、

    ポジショナーをロボットの正面に配置します。

    NOTE:ここでの寸法は、一般的な指標となるものです。セル内のどこにでも自由に

    コンポーネントを配置し、必ずシミュレーションでは現実と同様になるようにします。

  • IMPORT/POSITION THE MASTERCAM TOOLPATH/GEOMETRY AUTO POSITIONER

    AUTO POSITIONER Page 12

    STEP4:

    Mastercamのツールパス/図形のインポートと位置決め

    ロボットセルがセットアップされたら、次はMastercamからツールパスをインポートする必要があります。

    パーツはロボットが届くところに配置され、プラズマカッターの終端にはツールが取り付けられます。

    4.1 Mastercamツールパスのインポート

     プログラム タブから、インポート-”ツールパスをインポート” を選択します。

     新しいウィンドウが表示されます。ツールパス2工程 と パーツを再度インポートする が有効に

    なっている事を確認してください。ツールをインポート のチェックは外してください。

     よろしければ 承認 を選択してください。

  • IMPORT/POSITION THE MASTERCAM TOOLPATH/GE