exadata database machineم‚’ن½؟用مپ—مپںoracle ... exadata database machine...

Download Exadata Database Machineم‚’ن½؟用مپ—مپںOracle ... Exadata Database Machine م‚’ن½؟用مپ—مپںOracle Maximum

Post on 24-Mar-2020

5 views

Category:

Documents

0 download

Embed Size (px)

TRANSCRIPT

  • Exadata Database Machineを使用した Oracle Maximum Availability Architectureの デプロイ Oracle ホワイト・ペーパー | 2017 年 6 月

  • Exadata Database Machine を使用した Oracle Maximum Availability Architecture のデプロイ

    目次

    概要 1

    Exadata MAA アーキテクチャ 2

    初期デプロイメント 4

    Exadata 固有の HA の利点 7

    ハードウェア・コンポーネント 7

    冗長データベース・サーバー 7

    冗長ストレージ 8

    冗長接続 9

    冗長電源 9

    ソフトウェア・コンポーネント: 9

    ファームウェアとオペレーティング・システム 9

    データベース・サーバー層 10

    ストレージ層 10

    高パフォーマンス 10

    その他の Exadata HA 機能と利点 10

    デプロイメント後の Exadata MAA 構成 15

    データベースのアーカイブ・ログ・モードと強制ロギングの有効化 16

    ファスト・リカバリ領域 16

    Oracle フラッシュバック・テクノロジー 17

    フラッシュバック・データベース 17

    より粒度の高い修復のためのその他の Oracle フラッシュバック・テクノロジー 18

    バックアップ、リストア、リカバリ 18

    Oracle Data Guard と Oracle Active Data Guard 19

    データ破損に対する包括的な保護 20

    プライマリ・データベースでの設定 21

    Data Guard フィジカル・スタンバイ・データベースでの設定 21

  • Exadata Database Machine を使用した Oracle Maximum Availability Architecture のデプロイ

    アプリケーション・クライアント - フェイルオーバーのベスト・プラクティス 21

    MAA のベスト・プラクティスの自動検証 - exachk 22

    Exadata OVM HA 構成の追加の考慮事項 22

    データベース統合のベスト・プラクティス 23

    Exadata MAA における運用のベスト・プラクティス 23

    テスト環境の重要性 25

    結論 26

    付録 1:Exadata MAA の停止とソリューションのマトリックス 27

    計画外停止 27

    計画メンテナンス 29

    Standby-First Patch - Data Guard によるリスクの軽減と停止時間の短縮 30

  • 1 | Exadata Database Machine を使用した Oracle Maximum Availability Architecture のデプロイ

    概要

    Oracle Maximum Availability Architecture(Oracle MAA)の運用および構成に関するベスト・ プラクティスを Oracle Exadata Database Machine と統合すると(Exadata MAA)、オンプレミ スまたはクラウドの Oracle Database 用のもっとも包括的な高可用性ソリューションが提供さ れます。

    Exadata Database Machine、Exadata Cloud Machine(ExaCM)、および Exadata Cloud Service(ExaCS)は、ソフトウェア、サーバー、ストレージ、およびネットワーキングを統合 した成熟したシステムで、これらすべての要素が、データベースおよびアプリケーションの最 高の可用性とパフォーマンスを実現するように Oracle MAA のベスト・プラクティスに従って 事前構成されています。あらゆる業種の公的機関および民間企業のミッション・クリティカル なアプリケーションが Exadata MAA を利用しています。すべての Exadata システムはハード ウェアとソフトウェアが統合されており、オラクル社内および世界中のミッション・クリティ カルなお客様による広範な可用性テストを通過してきました。このグローバルなコミュニティ の体験から得た教訓は、あらゆる Exadata 環境に利益をもたらすさらなる機能拡張につながっ ています。

    このホワイト・ペーパーは、データベース管理者、システム管理者、ストレージ管理者、エン タープライズ・アーキテクトなどの技術者を対象とし、Exadata Database Machine を迅速に デプロイして効率的に運用するための Exadata MAA のベスト・プラクティスに関する知識を 提供することを目的としています。このホワイト・ペーパーは、次の 4 つの主要領域に分かれ ています。

    » Exadata MAA のアーキテクチャ

    » 初期デプロイメント

    » Exadata HA 固有の利点

    » デプロイメント後:Exadata MAA 構成

    » Exadata MAA における運用のベスト・プラクティス

    このホワイト・ペーパーに記載されている Exadata MAA のベスト・プラクティスを補足する 資料として、次のものがあります。

    » My Oracle Support Note 757552.1。Oracle MAA の継続的な検証テストと本番環境でのデプ ロイメントで得られた最新情報をお客様に提供するために、Oracle Development によって 頻繁に更新されています。

    » Exadata ヘルス・チェック(exachk)およびそれに関連する Oracle Exadata 評価レポート と Oracle MAA スコア・カード。このツールは四半期ごとに更新されます。

    » 追加の Oracle MAA のベスト・プラクティス関連の資料。www.oracle.com/goto/maa で公 開されている特定の領域またはトピックの具体的な技術的側面について、深く掘り下げて 説明しています。

    http://www.oracle.com/goto/maa

  • 2 | Exadata Database Machine を使用した Oracle Maximum Availability Architecture のデプロイ

    Exadata MAAアーキテクチャ

    Exadata MAA アーキテクチャ(図 1)はあらゆる種類の計画外停止に対応できるように設計されて おり、高可用性(HA)とデータ保護機能の両方を提供します。また、Exadata MAA ではオンライ ンまたはローリング方式でメンテナンスを実行できるため、計画停止時間も最小化されます。 Exadata MAA が対応している潜在的な停止と計画メンテナンスの範囲については、このホワイト・ ペーパーの付録 1「Exadata MAA の停止とソリューションのマトリックス」に詳述しています。 Exadata により、エンド・ツー・エンドのアプリケーション可用性を達成し、さまざまなハード ウェアとソフトウェアの機能停止による一時停止時間をほぼゼロにする方法の実例については、 Exadata MAA のテクニカル・ビデオ 1で説明している障害テストを参照してください。また、可用 性およびデータ保護の一連の要件に従ったブループリントを示した Oracle MAA リファレンス・ アーキテクチャも参照してください。

    図1:Oracle Exadata Database Machineの基本構成

    Exadata MAA のアーキテクチャである"ゴールド・リファレンス・アーキテクチャ"は、次の主要要 素で構成されています。

    » 本番 Exadata システム(プライマリ)。本番システムは、データウェアハウス、OLTP、または統 合データベース環境のパフォーマンス要件およびスケールアウト要件を満たすため、必要に応じ て、1 台の Exadata で柔軟に構成されるか、相互接続された 1 台以上の Exadata Database Machine で構成されます。

    1 http://vimeo.com/esgmedia/exadata-maa-tests

    https://www.oracle.com/assets/maa-reference-architectures-2244929-ja.pdf https://www.oracle.com/assets/maa-reference-architectures-2244929-ja.pdf http://vimeo.com/esgmedia/exadata-maa-tests

  • 3 | Exadata Database Machine を使用した Oracle Maximum Availability Architecture のデプロイ

    » プライマリ Exadata Database Machine のレプリカであるスタンバイ Exadata システム。Oracle Data Guard を使用することで、プライマリ・システム上でホストされる本番データベースの厳密 な物理レプリカである同期されたスタンバイ・データベースが維持されます。これにより、計画 外停止のためにプライマリ・システムが使用できない場合でも、最適なデータ保護と高可用性が 提供されます。スタンバイの Exadata システムは、プライマリ・サイトの障害からスタンバイを 分離することでディザスタ・リカバリ(DR)を行うために、ほとんどの場合、地理的に異なる場 所か別のデータセンターに配置されます。スタンバイ・システムをプライマリと同じ容量で構成 することで、スイッチオーバーまたはフェイルオーバー操作後もパフォーマンス品質保証契約に 適合することが保証されます。

    'スタンバイ'という用語は、Data Guard によってプライマリ・データベースとの同期が維持され るデータベースを指すために使用されますが、スタンバイ・ロールにあるスタンバイ・データ ベースはアイドル状態にあるわけではありません。高可用性、データ保護、およびディザスタ・ リカバリ以外の目的にもスタンバイ・データベースを利用することで、高い投資収益率が実現さ れます。たとえば、次のような選択肢があります。

    » Oracle

Recommended

View more >