autodesk inventor ... autodesk inventor 2009 skill builders autodesk inventor 2009...

Download Autodesk Inventor ... Autodesk Inventor 2009 Skill Builders Autodesk Inventor 2009 … ’¼…’† …’Œ… ’«

Post on 25-Jan-2021

3 views

Category:

Documents

0 download

Embed Size (px)

TRANSCRIPT

  • Autodesk Inventor 2009

    Skill Builders

    Autodesk Inventor 2009

    シート メタル パンチ穴 iFeature Part 1

    この Skill Builderの所要時間は、およそ 45分です。

    本ドキュメントは、2つの章に分かれたシート メタル パンチ穴 iFeatureのSkill Builder Part 1です。 本

    パートでは、シート メタル パンチ穴 iFeatureを網羅しています。

    エクササイズ内容

    このSkill Builderでは、シート メタル パンチ穴 iFeature の使い方について学習します。 終了後には、

    以下のことを理解することができます。:

    • 板金加工特有のパンチ穴形状を作成するための機能であるシート メタル パンチ穴 iFeatureの作

    成方法。

    • シート メタル パンチ穴 iFeature と「通常」利用する iFeatureの類似性と違いについて。

  • Autodesk Inventor 2009 シート メタル パンチ穴 iFeature

    作業概要

    本学習では、下記の作業を行います:

    • パーツからカットフィーチャを抽出し、様々な厚さの板金部品に指定するサイズのカット形状を作成

    するためのシート メタル パンチ穴 iFeatureを定義します。

    注:本書において、イメージの背景色は、色を反転表示しております(プレゼンテーション設定)。デフォ

    ルト値で表示される背景色と本書のイラストとは異なりますが問題はありません。

    前提条件

    エクササイズ前に下記事項を確認ください:

    • Inventor 2009がインストールされていること。

    • Inventor 2008 でも本エクササイズを行っていただけますが、一部ユーザ インタフェースが異なっ

    ている場合があります。この Skill Builder を行う前に、Inventor 2009(または Inventor 2008)に入

    っているチュートリアルの『シート メタル パーツを作成する』を完了しておくと理解が深まります。

    (Inventorの[ヘルプ] >> [学習ツール] >> [チュートリアル] を選び、チュートリアル開始画面から

    「シート メタル パーツ作成」を選択します)

    • 材料と厚さを含むシート メタル パーツのスタイルを理解しておいてください。

    ダウンロード

    このドキュメントが掲載されているページ(http://www.autodesk.co.jp/inv_skillbuilder 内、「パーツモデ

    リング」)からエクササイズ用の zip ファイルをダウンロードし、任意のフォルダに解凍します。

    このパーツには、シート メタル パンチ穴 iFeatureを作成するために使用するカット フィーチャが既に

    作成されています。

    http://www.autodesk.co.jp/inv_skillbuilder

  • Autodesk Inventor 2009 シート メタル パンチ穴 iFeature

    シート メタル パンチ穴 iFeatureの概要

    シート メタル パンチ穴 iFeature は、シート メタル パーツモデルにパンチ加工による穴形状を配置す

    るための機能です。これは、シート メタル パーツに対して単なるパンチやダイの形状を作るというもの

    ではありません。つまり、上の図のようなカットを作るためのものでもありません。

    そもそも iFeatureは、主に寸法パラメータを利用して複数のサイズを定義した中から単一のサイズを指

    定してパーツ上に形状を配置するものです。

    この iFeatureのためのフィーチャを作成する場合、寸法パラメータやジオメトリの拘束によって完全にコ

    ントロールできているスケッチを作成することが重要です。

    さらに、シート メタル パンチ穴のための iFeatureを定義するために使用するスケッチには、必ず中心

    点を含める必要があります。この中心点は、パーツモデルの中でパンチ穴 iFeatureを配置する際に使

    用されます。シート メタル パーツ内にあるスケッチ上の未使用の中心点にパンチ穴の中心点を合わせ

    るように自動配置されるのです。

    シート メタル パンチ穴 iFeatureは、「通常」の iFeatureによって必要とされるすべての情報に加え、以

    下の情報を含めることもできます。

    • 企業内独自の定義によるパンチ IDの情報を付加し、さらに図面上でもそのパンチ穴 IDを注記とし

    て表示することができます。

    • 図面上でパンチ穴の完全な形状を表示する必要がない場合は、簡易的な表示にすることもできま

    す。

  • Autodesk Inventor 2009 シート メタル パンチ穴 iFeature

    • カスタムの深さ指定は主にコイニングやスタンピング形状で使用され、図面注記でも使用できま

    す。

    これらは[iFeatureを抽出]ダイアログ上で、[シート メタル パンチ穴 iFeature]オプションを選択した時

    にのみ、設定が可能です。

    パラメータデータを追加したシート メタル パンチ穴 iFeatureの作成方法は、Skill Builder Part2で学習

    します。

  • Autodesk Inventor 2009 シート メタル パンチ穴 iFeature

    Exercise

    ファイルを開く

    1. punch01_source.ipt ファイルを開いてください(ダウンロードした zip ファイルに含まれています)。

    パーツは 1つのカット形状を含んでいます。 カット形状(切り取り1)の下に[スケッチ 2]が見えます。

    2. [スケッチ 2]を右クリックし、[表示設定]を選択し、[スケッチ 2]を表示します。大きい円の中心に配置

    された中心点と 2つの円弧、およびその寸法からスケッチが成り立っていることを確認します。

    3. スケッチを確認後、再度同じ操作を行って、スケッチを非表示に戻します。

  • Autodesk Inventor 2009 シート メタル パンチ穴 iFeature

    シート メタル パンチ穴 iFeatureの抽出

    1. [ツール]メニューから[iFeatureを抽出]ダイアログを開きます。

    2. [iFeatureを抽出]ダイアログの上方にある[シート メタル パンチ穴 iFeature]を選択します。

    ([iFeatureを抽出]ダイアログを開くたびに[選択されたフィーチャ]領域内に表示される iFeatuireの名称

    が変わります。したがって、上図に表示されている名称と実際に操作をした結果表示される名称とは異

    なる場合があります。)

    3. ブラウザ上で、抽出したいフィーチャとして[切り取り 1]をクリックします。クリック後、[iFeatureを抽

    出]ダイアログ内の[選択されたフィーチャ]領域に[Cut1]([切り取り 1]フィーチャ)がリストされたことを

    確認してください。

  • Autodesk Inventor 2009 シート メタル パンチ穴 iFeature

    4. 上記ダイアログで[選択されたフィーチャ]領域にある寸法 x=d3(0.375in)を選択してください。この

    パラメータは大きい円弧の半径を定義しています。「>>」 ボタンがハイライトされるのでクリックする

    と、d3 パラメータが[サイズパラメータ]領域に追加されます。

    5. この d3パラメータを iFeatureとして使用する際の値の定義として、[範囲]を設定しますが、d3パラメ

    ータの[範囲]を[一覧]にします。

  • Autodesk Inventor 2009 シート メタル パンチ穴 iFeature

    6. [値一覧]ダイアログが開いたら、「値を追加するにはここをクリック」を選択し、以下の 2つの値を入

    力してください。

    ・0.5

    ・0.25

    これで穴フィーチャの半径を定義できる 3つの値が設定できました。さらに[値一覧]ダイアログボックスで

    は、この穴フィーチャを配置する際、これらの値のどれがデフォルトで選択されるかを定義することがで

    きます。この学習では、0.375インチにします。[OK]をクリックし、[値一覧]ダイアログを閉じます。

    7. [プロンプト]のテキストを変更します。現在、プロンプトのテキストには、「Enter

    Sketch_Fillet_Radius」と入力されています。

    これを、「半径を選択」と書きなおしてください。

  • Autodesk Inventor 2009 シート メタル パンチ穴 iFeature

    8. 次にこのパンチ穴 iFeatureのスケッチ配置平面を定義します。

    [位置ジオメトリ]領域内に表示されている文字「プロファイル平面 1」の左をクリックしてください。

    このフィーチャのスケッチ平面の位置にグリッドが表示されます。この平面が iFeatureを配置する際

    の基準位置となります。

    (グリッドの大きさは、Inventorの設定によってはこの画像とお客様

Recommended

View more >