autodesk inventor 11 - in the machine...

Download Autodesk Inventor 11 - In The Machine ˆâ€”¥ˆ“¬¨¾â€§â€°† 2010-01-29¢  AUTODESK INVENTOR Autodesk Inventor

Post on 05-Aug-2020

3 views

Category:

Documents

0 download

Embed Size (px)

TRANSCRIPT

  • Autodesk Inventor 11

    Autodesk Inventor 11

    大規模大規模大規模大規模アセンブリアセンブリアセンブリアセンブリ

    2007/04/18 Rev 1

  • i

    Autodesk Inventor 11Autodesk Inventor 11Autodesk Inventor 11Autodesk Inventor 11大規模大規模大規模大規模アセンブリアセンブリアセンブリアセンブリ

    本ドキュメントについて 本ドキュメントはAutodesk Inventor 11で大規模アセンブリを効率よく取り扱う方法を紹介しています。 オートデスクが国内外のユーザに実際に適用したものから、一般的な項目のみを記載しています。 従って、この中の項目すべてが貴社に適用できるわけではありません。また、不足する項目もあります。 本ドキュメント中の記載内容は技術情報であり、明示的にオートデスクが保証するものではありません。 目次目次目次目次

    Autodesk Inventor 11大規模大規模大規模大規模アセンブリアセンブリアセンブリアセンブリ ........................................................................................................................................................................................................................................................................................................................ iiii 1 はじめに .............................................................................................................................................................................................................. 1 2 環境設定 .......................................................................................................................................................................................................... 1 3 大規模アセンブリ運用手法 ........................................................................................................................................................................ 1 3.1. タスクスケジューラによるマイグレーション ............................................................. 1 3.2. スタイルライブラリの利用................................................................................... 2 3.3. リプレゼンテーション ........................................................................................ 9 3.4. 派生コンポーネント ........................................................................................ 14

  • AUTODESK INVENTOR

    Autodesk Inventor 11 大規模アセンブリ

    1

    1111 はじめにはじめにはじめにはじめに 大規模アセンブリを扱う上で、パフォーマンスを向上させる手法を適用することは非常に重要です。通常の部品単体を扱う環境設定や手法で大規模アセンブリを操作すると、ファイルの読み込み、書き込み時間や、更新の時間がかかることで無駄な待機時間を増やすだけでなく、多くの部品が表示されて混乱したウィンドウで作業することによるミスなどが発生する可能性もあります。 以下では、大規模アセンブリを扱う上での推奨するシステム及びシステムの環境設定、Autodesk Inventor内の環境設定を説明します。さらに大規模アセンブリを扱う上で、有効なInventorの機能について紹介します。

    2222 環境設定環境設定環境設定環境設定 環境設定については「環境設定」を参照ください。 3333 大規模大規模大規模大規模アセンブリアセンブリアセンブリアセンブリ運用手法運用手法運用手法運用手法 3.1. タスクスケジューラによるマイグレーション ファイルのマイグレーションを実効することにより、ファイルオープン時のパフォーマンスを改善することができます。設計完了部品、標準部品、ライブラリに限定に対してマイグレーションを実行することにより、過去データの確認や、共有部品の確認などにかかる工数を削減することができます。以下にマイグレーションの手順を説明します。 ① スタートメニュー/すべてのプログラム/Autodesk/Autodesk Inventor11/ツール/タスクスケジューラを実行します ② タスク作成/ファイルをマイグレーション を選択します。

  • AUTODESK INVENTOR

    Autodesk Inventor 11 大規模アセンブリ

    2

    ③ マイグレーションを実行するファイル、フォルダ及びプロジェクトファイルを選択します。選択後、オプションを設定できるようになるので、下図のようにチェックを入れます。

    マイグレーションするファイルの順序としては パーツファイル(.ipt)/サブアセンブリ/ファミリ→メインアセンブリ/図面/プレゼンテーション の順にマイグレーションします。 この方法は、プロジェクト全体を選択して 1回でマイグレーションする方法より大幅に時間を短縮できます。

    ④ タイムスケジュールを設定し、マイグレーションを実行します。 メインアセンブリだけをマイグレーションすると、Autodesk Inventorは、繰り返しパーツやパターン化されたアセンブリも含めて、すべてのパーツとサブアセンブリを別々にメモリにロードします。 Windowsでは、各CPUプロセスに割り当てられる最大メモリは2GBしかないため(この2GBの制限にはRAMおよびページファイルも含まれる場合がある)、大規模なアセンブリで作業を行う場合、「メモリ不足」状態になって動作が不安定になることがあります。コンポーネントパターンを含む大規模なアセンブリでは、これが重大な問題の原因となることがあるのでマイグレーションは関連するパーツまで実行するようにしてください。

    3.2. スタイルライブラリの利用 � 概要 スタイルとはオブジェクトに適用される、あらかじめ定義済みのプロパティセットです。パーツの色、照明、材料やJIS、ANSI、ISOなどの各種規格がライブラリとして定義されています。デフォルトのテンプレートドキュメントはこれらのスタイルが保存されています。大規模アセンブリを操作する上で、各ドキュメントが使用しないスタイルを持つことでデータ容量が大きくなります。

  • AUTODESK INVENTOR

    Autodesk Inventor 11 大規模アセンブリ

    3

    そこでスタイルライブラリを使用し必要な定義のみをドキュメントに持たせることで、データをコンパクト化することができます。また、スタイルライブラリを共有することで、材料や規格の管理が容易になり、担当者それぞれが同じ材料を独自に定義するなどといったダブルワークを回避することができます。

    Inventor11のデフォルトスタイルライブラリは以下のフォルダに格納されています。 【スタイルライブラリ】C:\Program Files\Autodesk\Inventor 11\Design Data � 操作 プロジェクトファイルの設定

    スタイルライブラリを使用するには、プロジェクトファイルでスタイルライブラリへのパスを設定し、「スタイルライブラリを使用」を「読み取り専用」にします。「はい」はスタイルライブラリを編集が可能なので通常は読み取り専用にします。 ・「スタイルライブラリを使用」 ・・・「読み取り専用」 ・「フォルダオプション/スタイルライブラリ」・・・既定値または作成したライブラリへのパス

    パートパートパートパート 図面図面図面図面

    スタイル ・材料 ・色 <スタイル> ・材料 ・色

    <<<<スタイルライブラリをスタイルライブラリをスタイルライブラリをスタイルライブラリを使用使用使用使用しないしないしないしない場合場合場合場合>>>> パートパートパートパート 図面図面図面図面

    <スタイルライブラリ> ・材料 ・色 <<<<スタイルライブラリをスタイルライブラリをスタイルライブラリをスタイルライブラリを使用使用使用使用したしたしたした場合場合場合場合>>>>

    使用使用使用使用するするするする定義定義定義定義のみをドキュメントにのみをドキュメントにのみをドキュメントにのみをドキュメントに保存保存保存保存

  • AUTODESK INVENTOR

    Autodesk Inventor 11 大規模アセンブリ

    4

    このようにプロジェクトファイルを設定することで、Inventorドキュメント内で定義されたライブラリを使用することができます。 � スタイルエディタ Inventor内で新たにスタイルを定義する際に使用します。新しい色や材料などを定義する場合はこのスタイルエディタを使用します。 スタイル/スタイルエディタ

    � スタイル管理ウィザード Autodesk Inventorファイルからスタイルを削除します。Inventorの

Recommended

View more >